事業内容

モバイルアプリ開発

システムの導入を検討するときのポイント

新たにシステムを導入する目的は、現在の業務やシステムで抱えている課題を解決する事。その課題を解決するシステムを制作するにあたって、何から始めて何を作り、どのような成果が期待されるのかを検討することが重要です。

システム開発の流れ
  • ご相談
  • 要件定義
  • デザイン
  • 設計
  • 制作
  • 試験
  • 貴社受入
  • 保守・運用
初めてシステムの導入を検討している場合

次のような疑問が湧いてきます。
・要望をどう整理し、まとめていけばよいのか。
・何から始めればよいのか。
・はじめから相談に乗ってくれて、信頼できるシステム制作会社どう探せばよいのか。
これらは、「考えるシート」をご利用いただくことで、課題を整理することが出来ます。

「考えるシート」は下記お問い合わせフォームより資料請求してください

また、エンジニアが直接お客様にお聞きして、このシートを基に課題の整理・明確化を行うこともあります。

システムの導入を成功させる最も大事なことは

実は「業務要件」の作成がカギ

要件定義は最初に「業務要件」を作成し、これを基に次の「機能要件」作成に移行します。「業務要件」は、お客様の社内で作成するのが望ましいです。「ITの素人だから専門家に任せればよい」と言う姿勢ではシステム導入の成功は危ういのです。何故ならシステム制作会社のエンジニアは、お客様の業務を知らないからです。お客様の業務担当者が、社内各部署の要望や要求をまとめて、新しい業務フローを書くことが業務要件作成の第一歩です。その後、制作会社のエンジニアが支援者として参加しても良いし、お客様の社内で業務要件定義を完成しても良いです。システム導入の目的を深く理解し、課題を理解し、隠された要求さえも掘り起こして、社内各部署が納得できる「業務要件」を作成しなければなりません。

もし、そうでなければ… 成果は期待できません。

業務要件に参加した制作会社のエンジニアと意見の対立は起こり得るものです。安易に妥協すると後々後悔することになります。エンジニアがトコトン親身になって議論をリードしてくれるかどうかが重要です。「業務要件」の作成に不熱心でいい加減であったり、いきなり「機能要件」から始める制作会社もあり、お客様の課題をよく理解してないことがあるので注意しましょう。

始め良ければ、終わり良し

お客様が納得できる「業務要件」を作成できると、後の一連の制作工程は「業務要件」を基にして仕事をしてもらえます。
例えば、次の「機能要件」の作成で「業務要件」の内容を満たしてなければ、制作会社に不備を指摘することが出来ます。最終的にシステムの制作が終了した時、そのシステムが「業務要件」を満たしていなければ制作会社に対して受け入れを拒否することもできます。

「業務要件」についての詳しい解説は下記お問い合わせフォームより資料請求してください

リリースしてからが、システムの本番

システムをリリースしたときが導入の終わりではありません。これからがシステムの本番です。導入初期はどれだけテストしても、不具合が発生することがあります。また長い期間運用していると突然に不具合が出ることもあります。運用を一部分または全面的に停止する必要があり、制作会社は「速やかに」不具合に対処しなければなりません。

不具合発生から対処・復旧までの時間が掛かり過ぎていないか

制作会社が、仕事を下請けピラミッド構造に丸投げして、末端の会社のエンジニアが実際の制作を行い、保守作業も任せている場合は最悪です。不具合の情報(どのような不具合なのか、発生する条件は何かなど)が、伝言リレーのように一次請けから下請け構造の中を辿って、末端の担当エンジニアに伝えられます。これでは復旧に大変な時間がかかるわけです。また、今でもよくある事なのですが、その末端のエンジニアが所属会社に在籍していないかもしれません。システム保守にしっかり対応している制作会社には、組織的な仕組みを持った保守体制があります。

システムは、常に変化する生き物

時が経つにつれて外部環境の変化、社内環境の変化によりお客様の業務も変わります。この変化に応じて、システムの一部改修が必要になる事があります。現在のシステムを制作した会社に一部改修を依頼すると、全面リニューアルを勧められることがあります。改修は一部でその他はそのまま使えるのに制作会社にとって、下請けピラミッド構造末端のエンジニアに仕事を丸投げしている場合、一部改修とは言えそのエンジニアがすぐに対応できるわけではありません。全面リニューアルを勧めるのはこのような背景があるかも知れません。保守体制がある制作会社であれば、一部改修に応じることが出来ます。

システムの設計はデザインと同時に

使いづらいシステムは、業務であれば現場の生産性やモチベーションを著しく落とす事になるでしょう。モバイルアプリであれば、利用者にダウンロードされなくなるでしょう。デザインと言うと見栄えの良い画面を想像しますが、今やデザインUI/UXはシステムの機能の一部になっています。

システム制作の初期段階では、お客様の思いを伺い、よく調査してデザインも含めて提案するべき

システムの要件をまとめる際にも、デザインがあるのでお客様とイメージを共有しやすくなるでしょう。システムの設計もデザインと同時に行えば、お客様にとってイメージが湧きやすく進行の見える化に役立ちます。現代のシステム制作は、制作エンジニアとデザイナーの近い関係性が肝要になっています。

グリーンシステムの事業

システムの「受託開発」は創業以来の中心的な事業であり、当然ながら最も得意な分野です。これまでの実績がお客様から信頼され、ご相談段階から一括してシステム制作を手がける独立系ソフトウェア会社として、多くのお客様からご依頼いただいています。常にチャレンジしてきたことで、幅広い環境や言語での開発を行うことが可能です。お客様の成功のイメージ、目標達成のイメージを描き、具体化したものをご提案をさせていただきます。

お客様からの元請が主体、直接請け負うので価格も適正

現在の最先端技術を駆使したご提案は、従来のものよりコストを抑える事が可能になっております。制作は従来のウォーターフロー開発方式と、現在主流になりつつあるアジャイル開発方式を採用しています。アジャイル開発は『計画→設計→制作→試験』といった開発工程を機能単位の小さいサイクルで繰り返すのが最大の特徴。優先度の高い重要な機能から着手できるため、素早くリリースしてからブラッシュアップしていくことが可能です。つまり、リリースまでの期間を短縮することができ、システム導入のスタートを早めることができます。

トップへ戻る