事業内容/
モバイルアプリ開発

その他の事業をみる

モバイルアプリで
ビジネスの成長を

アプリ開発の見積依頼をする前に、検討すべきことをご紹介します

今やモバイルアプリは生活、ビジネスのツールとして当たり前の時代となりました。自社でモバイルアプリ開発をして経営課題を解決し、よりビジネスを成長させたい、というお考えの企業様が増えています。
アプリ開発の見積依頼をご検討中の企業様に、アプリのメリット・デメリット、そして成功のポイントをご紹介します。

モバイルアプリのメリット・デメリット

Webサービスと比較した、モバイルアプリのメリット・デメリットについてそれぞれ見てみましょう。

メリット

モバイルアプリをすぐに使ってもらえる

スマホの画面にモバイルアプリのアイコンが表示され、タップすればすぐにモバイルアプリを使ってもらえる。ユーザからの認知度が上がる事、常にアクセスしやすい状況を作り出すことは最大のメリットと言えます。

プッシュ通知で訴求ができる

新商品のお知らせやクーポン配布などを、プッシュ通知でユーザに訴求することができます。また、アイコン上に「赤丸の数字(バッジ)」を表示させることによって、未読の情報をユーザに知らせることもできます。

エンゲージメントが高い

ブラウザを使うWebサービスに比べ、レスポンス性の高いモバイルアプリの方が、エンゲージメントが高いと言われています。

デメリット

ストアにリリースするには審査が必要

すぐに公開できるWebサービスとは違い、AndroidのGoogle Play、iPhone(iOS)のApp Storeと言ったアプリストアに公開するには、Google、Appleへのストア申請が必要になります。審査の基準も厳しく、差し戻し(リジェクト)されることもあります。リジェクトされる基準をあらかじめ把握することや、リリース予定日より余裕を持ってストア申請することが必要です。

インストールしなければ使えない

ブラウザからアクセスして使えるWebサービスに比べ、モバイルアプリはインストールしてもらう必要があります。アプリストアで星の数ほどあるアプリの中から、ユーザに見つけてもらうのはかなりハードルは高くなります。自社サイト、SNS、外部メディアなどで宣伝活動を行いましょう。

ダウンロードされても使ってもらえない

ユーザが月に1回以上利用するアプリの数は30個と言われています。一度はダウンロードしたものの、その後二度と使ってもらえない、またはアンインストールされてしまうことも。ユーザが継続的に使ってもらえる様な工夫や、飽きがこない様にアップデートを定期的に行うことも重要です。

モバイルアプリ開発の成功のポイント

これから開発するモバイルアプリの目的を確かめましょう

モバイルアプリの成功のためには、モバイルアプリの目的を確立することが大事です。

  • ◎ユーザーが、なぜそのモバイルアプリを使うのか。
  • ◎モバイルアプリを届けたい人の顔を思い浮かべよう。
  • ◎顔が思い浮かぶ人の困っていることを、どのように解決することができるモバイルアプリか。
  • ◎そもそも、今そのモバイルアプリを作る理由は何か。
  • ◎モバイルアプリ開発の成功の秘訣は「業務要件」の作成がカギ。下記より資料請求してください。

どのプラットフォーム、デバイスに対応させるか決めましょう

「より多くのユーザにモバイルアプリを使って欲しい!」と思うとプラットフォーム(OS)、デバイスも対応範囲を広げたくなります。しかし、対応範囲が広ければ、それだけ開発コストも高くなっていきます。ターゲットユーザの利用状況を分析したり、まずは一つのOSから始めてみるなど検討してみましょう。

  • • プラットフォームは、Android端末、iPhone端末または両方対応するか。
  • • OSバージョンは、どのバージョンまで対応するか。
  • • スマートフォン、タブレット、その中でもどの機種のモデルまで対応するか。

最低限に必要な機能を実現する、スモールスタートも検討しましょう

盛り込みたい機能をすべて実装するとコストが高くなり、工期も長くなってしまうことがあります。最初は必要最低限の機能をリリースし、その後、機能を追加した方が費用・コストも安く、スピード感を持ってビジネスにコミットすることができます。低リスクで始めて、将来的に大きく広げられます。開発する前に、機能の優先順位を整理しましょう。

  • • 今、必要な機能は何か。
  • • 後回ししても良い機能はあるか。
  • • そもそも、今その機能を作る理由は何か。

モバイルアプリを分析しましょう

モバイルアプリをリリースしたら終わりではありません。より良いアプリにしていくために、ユーザの行動を分析をしましょう。Firebase Analyticsなどの、ユーザの行動を記録(ロギング)する、ツールを入れることをおすすめします。

アップデートを定期的にしましょう

後回しにした機能追加や分析による改善をして、モバイルアプリをアップデートしていきましょう。またリリースして見つかった不具合(バグ)や、新OSの対応を行う事も重要です。リリース後のメンテナンスで、コストがかかる事も考慮しておきましょう。

モバイルアプリ開発の費用

おおまかでもいいので、費用観やスケジュール観を知りたい!

モバイルアプリ開発の費用については、下記による総合的な評価が必要です。

「品質や納期を加味した開発費用」 < 「それ以上のリターン」

費用を算出するには、「実現したい機能や業務の具体的なイメージ」が 必要です。算出するときに、このイメージが曖昧だと現実に掛かった 費用と異なる事が、実はよくあります。特に、概算の費用を見積るときに 注意が必要です。経験豊富なエンジニアに相談しましょう。

費用面だけではない!

見積られた開発費用が安ければよいものでもありません。 エンジニアが、お客様の想いに共感し、成功を一緒に目指し、費用以上の価値をお客様に提供する、コンセプトが大事です。

グリーンシステムの得意分野
モバイルアプリ1

カメラ・QRコード

カメラ機能を備えたアプリを得意としています。
QRコードの読み取り、画像の加工・保存、ARの実績がございます。

モバイルアプリ2

Firebase

FirebaseとはGoogle が提供しているモバイルのバックエンドサービスです。 独自にサーバを必要とせずに簡単にログイン認証、データベース、クラウドストレージ、プッシュ通知等を構築することが可能です。 Firebaseを用いたアプリ開発の実績があります。

モバイルアプリ3

BLE、iBeacon

BLE、iBeaconを備えたアプリを得意としています。
BLE通信、iBeaconの検知などのアプリ実績があります。
OSや端末依存を考慮した開発、ノウハウのご提案が可能です。

モバイルアプリ4

地図、GPS

GoogleMap、GPSを利用したアプリを得意としています。
現在地を利用した地図のマッピングするアプリ実績があります。

モバイルアプリ5

フレームワーク

既存のアプリに新規機能をライブラリとして提供した実績もございます。
Framework、CocoaPodsとお客様の用途に合わせた開発のご提案が可能です。

モバイルアプリ7

マルチプラットフォーム

Flutter、ReactNative等のフレームワークアプリやHTML5/CSS3の技術を利用したWebViewアプリの開発が可能です。 マルチプラットフォームでiOS、Androidの開発を共通化することで開発コストを抑えることが可能です。

モバイルアプリ6

業務系

社内用の業務系アプリの開発を得意としています。
お客様の課題解決、業務効率化があげることが可能です。
アプリ配布のノウハウもありますでの用途によってのご相談も可能です。

モバイルアプリ7

保守

弊社で開発したアプリ以外の保守も承っております。
障害の調査、OSバージョンアップ対応、機能拡張の対応も可能です。
契約内容もお客様の用途に合わせてご相談可能です。

グリーンシステムのモバイルアプリ開発は、ユーザファーストです
  • (1) システム開発25年の実績。提案力と技術力でお客様のアイデアをカタチにします。
  • (2) モバイルアプリ開発が初めてのお客様にも親身、かつ丁寧に、ご相談から承ります。
  • (3) 多種多様なモバイルアプリ開発に携わった、経験豊富なエンジニアが、お客様のご要望を実現いたします。
  • (4) 開発後のシステム保守・改善・運用も、お客様のご予算に合ったプランをご提案いたします。
トップへ戻る